酸素カプセルの限界を超越

極端に狭い「酸素カプセル」ではなく、私たちの「酸素ルーム」だからできること

たとえそれが身体によいとしても、とても狭い「酸素カプセル」は幸せな空間でしょうか。

身動きすることも、座ることももちろん、立つこと、誰とも話すことも許されず、ただ極端に閉塞した空間に閉じ込められるのは、たとえ健康のためといえども、果たして幸せなことなのかと言うことを繰り返し考え直しました。

基本的に酸素カプセルは、アスリートたちの疲労や体力回復促進で評価されることが多く、ほんとうの意味で高気圧酸素やアーシング、有用周波数を全身に受ける必要がある人のニーズとは異なっています。

極端に狭いカプセルを選択する理由は、とてもシンプルです。

・導入コストが安い
・ランニングコストが安い
・それに対応するための空間を確保する家賃が安い

しかし、本当に高気圧酸素やアーシングが必要な方は、

・体調が悪い または 高齢である
・お天気によって体調が左右され、孤独な気持ちを抱えることが多い
・仕事が忙しく、酸素カプセルに行く時間がない
・介護が必要で、一人では入れない
・術後が大けがのあとで、カプセルに入るのに難儀する
・子育て中で、疲れているけれど子どもを預ける場所がない
・ただ寝ているだけのカプセルでは時間が無駄なほど、タスクが多い

というようなニーズを人たちであると考えています。

 

DSC_5685.JPG

 

プレマルシェ・オキシジェンの高気圧酸素ルームは、これらの人たちのとっても無理なく入れる、十分な広さがあります。

部屋のサイズは、225㎝×120㎝×高さ190センチもあるので、

・閉塞感がなく、カプセルが怖い方でも大丈夫です
・入り口が広いので、お年寄りや要介護の方でも大丈夫です
・ゆったり1人ではもちろん、2~3人、最大で4人まで同時に入ることができます
・介護や援助が必要な方や、子どもも、一緒に入れます
・夫婦やカップルでアンチエイジングデートも可能です
・友人とおしゃべり会、仕事の膝をつき合わせたミーティングも可能です
(声はほとんど外に漏れません)
・座位の瞑想やヨガも可能です
・ちょっとしたストレッチも可能です

つまり、さまざまな身体的、時間的制約がある人が無理なく入ることができることが、プレマルシェ・オキシジェンの高気圧酸素×アーシング×有用周波数ルームの最大の特徴といえます。

酸素カプセルが当たり前のように要求する、閉所で一人、寝るだけという状況を受け入れられない人たちにとって、バリアフリーな空間を目指しています。

一人が怖くても、一人では時間が確保できなくても、一人で入ることができなくても。
独り占めは苦手でも、誰かと一緒に元気になりたいときも。

京都三条のプレマルシェ・オキシジェンで、単なる酸素カプセルとは根本的に違う、バリアフリーさや、相乗効果をあなたの人生に生かしてください。
まさに、窮屈で退屈な芋虫のようなみすぼらしさではなく、現代人のための茶室のような空間として、お茶の代わりに健康をもたらす高気圧や酸素、大地に繋がるアーシング、各種の有用周波数のシャワーで入る方をおもてなしいたします。

広告

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。