酸素と炭酸と血管の話

体内の酸素量が増大し、細胞に酸素が行き渡ると、代謝がupします。

すると、取り込んだ酸素は消費され、二酸化炭素が発生します。

二酸化炭素が発生する=炭酸が発生するわけですが、これにより、毛細血管は拡張し、

血液が流れやすい状態となるわけです。

石原教授の研究によれば、滞在前後で小径血管の拡張と血流速度の増大が確認されています。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。