東京・東銀座のネット予約開始

お待たせしました!

東京・東銀座のインターネットによる特別価格の受付を開始しました。

基本的な料金は>>こちら でご確認ください。

60分1万円というところも多い設備に、プレマルシェ・オキシジェンとしての独自の機能をたくさん追加しているにも関わらず、「プレマグループのお客様へのサービス」「従業員への福利厚生」としての役割をもっているため、非常に特別な価格にしています。

ということで、そうでなくてもお安いのですが、梅雨時期の不調やマスク不調でお困りの方も多く、また長らく東京都の営業自粛要請もありましたので、初回のみのお試し価格も設定しました。

スタッフも慣れていないこともたくさんありますので、練習も兼ねています。ぜひ、この機会にプレマルシェ・オキシジェンの不思議の世界をご体験ください。

正直に申しますと、初期投資額は800万円近くに及んでいます。以下の価格はほんとうに1回限り、かつ、プレマグループのお得意様が前提となりますので、どうかご理解をお願いいたします・

60分 酸素追加つき 1,500円(税込)
90分 酸素追加つき 2,500円(税込)
・・・書いたら、鼻血がでそうですが、堪えました。

はっきり体感できるのは、やはり90分です。
毎回の室内完全消毒のために+15分確保していますので、実質105分、お客様のために時間を押さえます。低気圧下、マスク酸欠下だからこそ、90分で入っていただくことをなおさらにおすすめします。

以下からご予約をお願いいたします。
東京・東銀座を予約する

https://select-type.com/rsv/?id=teHXQ_LxZks

オキシシジェン後に、水素吸入も特別価格でお試しいただけますが、こちらはお越しになった際にご説明いたします。

低気圧、そしてマスク

ずっと続くマスクの生活。自分の呼気を吸い続けなければならない状況は、決して健全とはいえません。呼気は、自動車でいえば排気です。排気ガスには、体内で排出された毒素がたくさん含まれており、それをまた新たに吸うということが、何を意味するかは、単純に考えれば明らかです。

そのうえに梅雨入りで、連日気圧の低い状態が続き、荒天時に体調が悪くなる方にとってはダブルの過酷さです。ある種の人にとっては低気圧下では、内耳や自律神経が敏感に反応し、脳から組織液が浸透圧によってじわじわ漏れ出し、脳のむくみの状態を引き起こします。これが頭痛や自律神経失調の状態を作りだし、「どこで相談しても、気持ちの問題」として軽く見られてしまいます。気象病やマスク連用の問題は精神論では片付けられません。あくまで環境がもたらす不調であって、正しい対策が必要です。

その最も適切な方法の一つがプレマルシェ・オキシジェンです。高気圧化で酸素濃度が高くなっているところにさらに濃縮した酸素を追加し、有用性のエビデンスが多数ある酸素濃度35~40%に適切にコントロールされており、全身に充分な酸素をチャージすることが可能になります。全身に溜まった電磁波をアーシングによって除去、さらにそこに有用とされる周波数をサイクル状にインストールしていきます。

世界で京都に2つ、東京に2つしかないプレマルシェ・オキシジェンをこの機会にお試し下さい。

こんなときこそ、プレマルシェ・オキシジェン

このような難しい状況にある昨今、「酸素」というキーワードが重要になってくることはご理解いただけると思います。

人間は、血中の酸素濃度が下がってしまうと生命の危機に至ります。また引きこもりに近い生活は、家庭内で発生する電磁波を一身に受けることになり、アーシングの重要性も高まっています。

ぜひ、どんどんご利用くださいと申し上げたいところですが、ご利用の都度、室内を200ppm濃度の次亜塩素酸で消毒させていただきますので、それに時間を要することがありますので、時間のずれが生じた場合にはどうかご容赦ください。

また、従前から室内にある和のクッション、及びストレッチポールはいったん撤去させていただきました。こちらもご理解お願いいたします。

 

最も大切なことは、快適にお過ごすためのタオルケットやアルファウェーブの貸出なども、感染防止の観点からお貸し出しを休止いたします。恐れ入りますが、室内で羽織られるためのタオルケットや毛布類は、都度ご自身で用意いただきたく、お願いをいたします。

3/5東京・東銀座に新設オープン

新型コロナウイルス感染拡大防止のための国や東京都の自粛要請に基づき、4月13日〜5月6日までの営業を完全に中止いたします。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
※追記:非常事態宣言が延長となりましたので、5月31日までの営業自粛を決定しました。再開店は追ってご連絡いたします。

令和2年3月5日、待望の東京都心にプレマルシェ・オキシジェンが登場します。

東京都中央区の新富町に位置し、東銀座、築地、八丁堀から徒歩圏となっています。東京駅からも歩いて来ていただけるため、今まで「京都まではいけない・・・」と思っておられたお客様にもお気軽にお越しいただくことができます。

従前、京都・三条のプレマルシェ・オキシジェンには関東圏の皆さまにもたくさん来ていただいていましたが、1回のお試しで体感いただいた方でも「さすがに連続しては来ることが出来ない」と言っていただくことも多かったのです。初回で効果を体感いただいたお客様には宿泊をおすすめして、数人の方にはそのようにしていただきましたが、近年京都のホテル予約はタイトという事情もあって、言うこと自体がはばかられる事情もありました。

東京のオキシジェンを配置したプレマラボ株式会社は、もともと玄米自然食を推進するために設立されたリブレライフという会社で、20年以上の歴史がありましたが、令和元年に創業社長が急逝され、廃業の危機にありました。そこで、この話を聞いた私が事業を承継することを決め、8月15日に子会社として事業を引き受けることになりました。

その本社事務所を半分に縮小、改装したうえで出来た空間をオキシジェンの高気圧ルームのスペースに転用した結果、誕生した関東圏唯一のプレマルシェ・オキシジェンです。ぜひ、皆さまのご利用をお待ちしております。

ご予約は、当面オンラインのみで承っておりますので、上のメニューから「ご予約」をクリックし、所定のフォームからお申し込みください。

地図:

サイレンサー設置で静かになりました

プレマルシェ・オキシジェンの加圧装置に、サイレンサーを設置しました。

この装置を加えることにより、室内で聞こえる加圧・減圧の音が圧倒的に小さくなり、以前にも増して快適な室内環境で高濃度、高気圧の酸素を体験していただくことができるようになりました。

同時に、設定した気圧(基本的に京都では1.3気圧)への気圧上昇が早くなり、高い濃度の酸素を以前に比べて長時間、全身に浴びせることができるようになりました。

ぜひ、新しくなったプレマルシェ・オキシジェンをご体感ください。

DSC_0506.JPG

ストレッチ用ポールを常備しました

なんと!

プレマルシェ・オキシジェンで高気圧酸素、アーシング、周波数ケアを同時にできるだけではなく、さらにコリやゆがみの解消に役立つストレッチ用ポール(ヨガポール)を設置しました。しかも、安いB品ではなく、有名な品と同じメーカーが製造している硬質の高級品です。

広さがあるからこそ可能になる、セルフケアの新しい形を、ぜひお試しください!

☆うちの娘は、中で勉強することもあります。スタッフはミーティングをしていたりもします。何でもできるのが、プレマルシェ・オキシジェンならではの特徴です!

エステに行くより

今日も、たくさんの方にお入りいただいた、酸素カプセルの限界を超越するプレマルシェ・オキシジェンですが、とにかく出てこられたお客様の血色と肌の透明感がすごいです。

入る前と、入ったあとでは完全に別人でいらっしゃるので、びっくりしてしまいます。エステに行ったところで皮膚表面をなでているに過ぎないので、中は何も変わりませんが、オキシジェン・ルームですと、内側から確実に変わり、それが皮膚に、そしてオーラに現れる感じです。

皮膚の水分量も上がりますし、血色もよくなり、お肌の柔らかさも増します。実際、しょっちゅう入っておられる方のお肌はつやつやですし、ニキビで困っていた、先日手術した娘も夏休み明けに学校にいき「手術がどうの」という話よりも、「お肌ピカピカは何やったん?」と開口一番聞かれたようです。

手術の回復のために入ったのに、肌が変わってしまうなんて、いい副作用ですよね?

ということで、平日はまだまだ空きがありますので、ぜひご予約ください。

ご予約フォームは>>こちら プレマルシェ・オキシジェンのご予約フォーム

本記事を見られた方で、まだ一度も入っておられない方は、1時間無料でお入りいただけますので、ご予約フォームのコメント欄に「エステに行くよりオキシジェンの記事を見て、無料体験希望」とお書き添え下さい。

本特別キャンペーンは、盛況をもって終了いたしました。

酸素濃度&有害電磁波レベル

私、中川信男が入室する際には、必ず2つの測定器を持ち込みます。

一つは有害電磁波(磁場)測定器であり、一つは酸素濃度計です。

有害電磁波(電場)は、プレマルシェ・オキシジェン・ルームにおいては既に完全な対策が講じられており、変動する要素はありませんので、毎回の測定器による測定はしていません。配線の状態が正しいかどうかを外観からチェックして、アーシングが正しく行われているかを確認しています。

有害電磁波(磁場)については、室内の装備品との距離や、室外にある2つのコンプレッサーとの距離が適切でないと数字が変動することがあります。どうしても電磁波に関する完全な知識がないひとが掃除したり、ものを動かしたりする場合には電磁波レベルが変わってしまうことがあります。そのリスクを排除するために、私が入室して利用するときには必ず磁場計でチェックをしています。

そして、オプションの濃縮酸素追加です。酸素濃縮機が正しく配管され、外れや機械の機能低下があると、充分な濃縮酸素を送り込めていない可能性があります。そこで、私が使うときには毎回最大酸素濃度をチェックしています。

気圧計は本体に常設されていますので、室内外のパネルで確認できますから、1.3気圧で27%の酸素濃度になっていることは間違いありません。特殊なものをのぞき、通常の酸素カプセルはここまでで、これでも十分な効果を体感されている方が多数いらっしゃいます。

濃縮酸素の追加をオプション設定にしているのは、27%の酸素濃度で充分だと思っておられる方も多く、他所では通常このレベルですから、あえて酸素追加は不要という方もたくさんおられますので、標準状態では酸素追加はあえてしていません。また、酸素濃縮機は消耗品をたくさん使う機器であり、寿命も長くはありません。このようなランニングコストが電気以外に必要になりますので、オプション設定させていただいている次第です。別に追加費用をいただくわけですから、それが正しく行われているかどうかをチェックするのは、私の責任です。

ということで、2つの測定器を持ち込んで、私もお客様と同じように時折、回復させていただいています。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑