軽度高気圧酸素のお勉強 その(2)山崎美穂

こんにちは、プレマ株式会社の山崎です。

 

私の長女は小さな頃からアトピっ子です。
数年前より悪化が著しく、漢方を処方してもらったり、
完ぺきではないものの食事に気を遣い、いろんな健康商品を試してと
ありとあらゆることをしてます。

また、酵素風呂へ行ったり、鍼灸にもお世話になったりしていますので
肌の調子が一時的に良くなる時はありますが、
何かの拍子にどっと悪くなる時もあり、それを繰り返している状態です。

先週末ごろからまた顔全体に赤みがでてきて、じゅくじゅくになりそうな気配…
そう、いつもなら一度じゅくじゅくの肌になってしまうと、
そこから、乾いてかさぶたになって、皮がめくれて…と
1~2週間はガサガサになっているのです。

「今こそ、酸素ルームに入ろう!」と
先週の土曜日に酸素ルームを利用いたしました。

 

長女は日頃の部活&塾の疲れもあり、
午前中からルームに入りましたが、10分ほどで寝入りました。

 

まるまる約1時間。

 

出てきた直後に大きな変化は感じられませんでしたが、
その日の夕方には赤みも落ち着いてきていました。
その時点で、アトピっ子にもすばらしい効果があると感じましたが、
これまでの経験上、まだ気を抜ける状態ではありません。

 

翌朝、昨日までの赤ら顔から一転、
子どもらしい肌色に戻っています。

 

本人も「嬉しいけど、なんで?」という様子。
簡単に気圧や酸素について話をしましたが、
中学1年生ではまだ理解は難しそうです…

 

京都大学の石原教授に教わった際は、不健康な人は2~3日に一度、
回復してきても少しずつ期間を延ばして
それでも完治しても月に1回は入るを薦めておられました。

 

アトピっ子は病気ではないのかもしれないけど、
本人にしてみれば、夜は眠れないし、赤ら顔は恥ずかしいと
なんとしてでも治したい病気です。

平日は学校があるので、
2~3日に一度は難しいですが、
出来る限り週末には連れてこなくてはと思っています。

広告

エステに行くより

今日も、たくさんの方にお入りいただいた、酸素カプセルの限界を超越するプレマルシェ・オキシジェンですが、とにかく出てこられたお客様の血色と肌の透明感がすごいです。

入る前と、入ったあとでは完全に別人でいらっしゃるので、びっくりしてしまいます。エステに行ったところで皮膚表面をなでているに過ぎないので、中は何も変わりませんが、オキシジェン・ルームですと、内側から確実に変わり、それが皮膚に、そしてオーラに現れる感じです。

皮膚の水分量も上がりますし、血色もよくなり、お肌の柔らかさも増します。実際、しょっちゅう入っておられる方のお肌はつやつやですし、ニキビで困っていた、先日手術した娘も夏休み明けに学校にいき「手術がどうの」という話よりも、「お肌ピカピカは何やったん?」と開口一番聞かれたようです。

手術の回復のために入ったのに、肌が変わってしまうなんて、いい副作用ですよね?

ということで、平日はまだまだ空きがありますので、ぜひご予約ください。

ご予約フォームは>>こちら プレマルシェ・オキシジェンのご予約フォーム

本記事を見られた方で、まだ一度も入っておられない方は、1時間無料でお入りいただけますので、ご予約フォームのコメント欄に「エステに行くよりオキシジェンの記事を見て、無料体験希望」とお書き添え下さい。

軽度高気圧酸素のお勉強 その(1)山崎美穂

初めまして。プレマ株式会社の山崎です。

健康には気を遣いつつも
プレマルシェ・オキシジェン(酸素ルーム)はなんだか
重い病気の人、スポーツ選手が疲労回復に入るイメージ。

そう、かれこれ数年前にイングランド代表のベッカム選手が
ワールドカップ直前に足を骨折し、出場も危ぶまれていたにもかかわらず
酸素カプセルに入り、早期回復させたことで有名になりました。

はい、私もそのイメージが強く、
今でもスポーツ選手が利用するものという認識。

こちらに導入されると知っても、
「私が入ってもいいものか?」と、感じておりました。

スポーツは…休日にジョギングを趣味程度しますが
オリンピックや国体を目指すようなアスリートではありません。

また40代&女性として相応の健康の悩みはありますが
どこか大病を患っているわけではありません。

 

眼精疲労や冷え、偏頭痛、便秘にむくみ、疲れが取れない…など
そう、40代にもなれば(若い方にも言えますが)、
あちこち不調だなと感じるところが増えているのも事実です。

 

そんな折、京都大学の石原教授に直々に講義していただきました。
そう、深刻な病気ではないものの、
誰しもが少しは気になる身体の事ではありませんか?

別人製造装置

いつもプレマルシェ・オーガニクスにいて、お客様をお迎えしている吉見から、先ほど面白い話しを聞きました。

 

高気圧酸素やアーシング、有用周波数の効果や、オキシジェン・ルームに入る最適な周期などについて私に質問していた吉見さん。

メモを取りながら聞いていた彼女が、とっても興味深いことを言いました。

 

「社長、実は、ルームに入る前のお客様と、出てきたあとのお客様は別人なんですよ」、と。

 

このような話しなので、ご不快に聞こえるかもしれませんがお許しください。

 

「最初、同意書もめんどくさそうに書いておられて、なんだかとてもイライラしておられる様子だった方が、いらっしゃたんです。とにかく、何かに追いかけられているような、そんな不機嫌な状態の方でした。」

「ルームにお入りになる前も、不審そうな感じで、とにかくどうしたらいいのか、私も分からなくて・・・・・。」

1時間後。

「もう、その方、完全に別人だったんです。とにかく活気に満ちていて、幸せそうで、ほわーっとした状態で出てこられました。」

「一体何が起きたの?と思うくらいの違いです。同じ方とは思えませんでした。」

 

実は、こんなことがしょっちゅうあるということなのです。

 

当然、誰かからお聞きになって、全く知らない店に来て、なにやら怪しげな個室に通され、そして扉を閉められるわけです。私でも、たぶん、「なんやねん、ここ」くらいのムードは出していると思います。

しかし、出てきた方は、顔に赤みが差し、歩き方がかわり、姿勢が伸び、何か憑きものを落としてきたような、深い禊ぎを受けたような状態になって出てこられます。出てくる言葉はありがとうに変容します。

 

これが、単なる酸素カプセルと、プレマルシェ・オキシジェンルームの決定的な違いです。決して他では体験できない、不思議な変容を体験してみてください。

 

 

気象病、そして地震・台風

お天気が悪くなると、つまり低気圧の配下におかれると、体調が悪くなる方、いらっしゃいませんか?

いろいろな呼び名で呼ばれますが、この症状は気のせいでも何でもありません。

私たちの身体も心も、天体の動きによって大きく影響を受けることが太古の昔から知られており、これが占星術などの基本原理にもなっています。

そんなもの迷信、と言ってしまえる人はある意味において幸せですが、私たちは宇宙の一部であり、地球上の一部でもあるわけですから、切って切り離せない関係にあると私は思います。むしろ、体感をきちんと感じられる人のほうが、地震の前などに「なんとなく、いやな予感がして」と予防的行動を取ることができ、長い目で見たときにはこのほうが幸せにつながるとも考えられます。

私も東日本大震災の直前、京都を離れ、たまたま東京にいました。
銀座の雑居ビルでスタッフを交え会話しているときに、地震がありました。

その地震のとき、ただならぬ予感がして、予定を繰り上げて京都に戻ることにしました。
翌日、あの大地震が起き、それ以降1年ほどは仕事よりも支援という毎日が続いたのです。
私があのとき被災していたら、状況は全く違っていたと思います。

のちに、この前日の揺れは「東日本大震災の余震だった」と報道されていて、私自信が驚きました。

今、つまり2017年9月18日の未明ですが、ちょうど台風18号が通過した午前3時に突然目が覚めました。寝たのは24時だったので、3時間しか寝ていない状態で、突然目がぱっちりと開き、仕方がないのでそのまま仕事しています。しっかりした建物の中なので、音も響きもなかったのですが、これもやはり本能のなせる技なのでしょう。ある意味、私の身体は危機に敏感にできているのかもしれません。

さて、本筋の低気圧に話を戻しましょう。

天候悪化、つまり低気圧がやってくる前、やってきている間に以下のような症状はないでしょうか。

・頭が重い、または頭痛、偏頭痛
・古傷が痛む
・めまいや耳鳴りがする
・手足がむくむ
・関節が痛む
・胃が重い、消化が悪い
・便秘や下痢気味になる
・だるい、倦怠感、やる気が出ない
・気分が落ち込む
・睡眠不足、眠れない、眠りが浅い

これがぴったり当てはまるという方は、気圧変動の影響によるものです。

根性なしなのではありません。

この理由については諸説あり、耳の中の感覚器官が気圧変動を感知してこのような状態を引き起こすという説や、気圧が低くなると体内の血管やリンパ管が膨らむことによる体内の液体流動不全、気圧低下による酸素不足、高湿度状態そのものがよくないとする説などいろいろです。

何が理由であるにせよ、現代人の生活は昔とは違って、雨が降るから休もう、晴れたからがんばろう(晴耕雨読)というような自然に沿ったサイクルではなくなっています。なので、困ったことになるのです。

これを解決する方法はあるのでしょうか。

そんな現代だからこそ、高気圧、高酸素状態を人為的に作り、また人為的に有害電磁波を減らし、人為的に特定の有用な周波数を発生させ、浴びることができるのです。お天気の状態ですら、色やバイブレーションによってある程度は人体に対する影響をコントロールすることができます。

これら全てを満たす空間が、プレマルシェ・オキシジェンのルームです。

「天候が悪くなるたびに入らないと行けないなんて、現実的じゃない」とお思いかもしれませんが、このような状態になってしまう方には1~3ヶ月ほど、天候と体調が悪いときに入ってもらうと、その状態が変わっていることに気づかれることでしょう。一度安定してしまえば、月に1回ほどで問題ありません。つまり、気圧変動に対するトレーニングなのです。トレーニングといっても、寝ているだけのトレーニングですから、何も難しいことではありませんし、一切の努力がいりません。

この記事を読んでしまったばっかりに「やっぱり私は気象で身体がおかしくなるんだ」と過敏になってはいけません。天気予報を見るたびに「ああ、また私はおかしくなる」と思う必要はないのです。なんとかする方法が世の中にあり、それは普通のことで、非難されることでも、重い病気につながるわけでも、また特別なことではないということを知ってください。

晴耕雨読は理想的なライフスタイルかもしれませんが、もうそんな時代ではありません。だからといって、現代が何でもよくないかと言われれば、決してそんなことはないのです。

活用できるものはしっかり活用して、生かしていけば、らくに生きられる素晴らしい時代でもあるのです。

台風で体調不良

台風や大型低気圧など、低気圧がやってくるたびに体調が悪いという方が増えています。

これは単なる気のせいや、根性がないから、ということでは決してありません。

低気圧が近づくにつれ、体調が悪化したり、痛みが出たりする方は、どうぞ一度プレマルシェ・オキシジェンに入ってみてください。特に、「太陽の部屋」がおすすめです。

高気圧酸素カプセルが、低気圧や気圧変動による体調不良に効果的なことはよく知られていますが、プレマルシェ・オキシジェンの場合、カプセルのような狭さが一切なく、複数人で入れますので経済的でもあります。

しかもアーシングを行って体内に蓄積した電気を抜いて、さらにシューマン波をはじめとする有用周波数を全身に浴び、さらに太陽のエネルギーを加えた「太陽の部屋」では、低気圧の諸問題に助けになることがたくさんあります。

天気による体調不良研究の第一人者、佐藤先生の著作もぜひ一度お読みください。

どれだけ理屈を尽くしても、百聞は一見にしかずと申します。ぜひ、プレマルシェ・オキシジェンルームをご体感ください。

酸素濃度&有害電磁波レベル

私、中川信男が入室する際には、必ず2つの測定器を持ち込みます。

一つは有害電磁波(磁場)測定器であり、一つは酸素濃度計です。

有害電磁波(電場)は、プレマルシェ・オキシジェン・ルームにおいては既に完全な対策が講じられており、変動する要素はありませんので、毎回の測定器による測定はしていません。配線の状態が正しいかどうかを外観からチェックして、アーシングが正しく行われているかを確認しています。

有害電磁波(磁場)については、室内の装備品との距離や、室外にある2つのコンプレッサーとの距離が適切でないと数字が変動することがあります。どうしても電磁波に関する完全な知識がないひとが掃除したり、ものを動かしたりする場合には電磁波レベルが変わってしまうことがあります。そのリスクを排除するために、私が入室して利用するときには必ず磁場計でチェックをしています。

そして、オプションの濃縮酸素追加です。酸素濃縮機が正しく配管され、外れや機械の機能低下があると、充分な濃縮酸素を送り込めていない可能性があります。そこで、私が使うときには毎回最大酸素濃度をチェックしています。

気圧計は本体に常設されていますので、室内外のパネルで確認できますから、1.3気圧で27%の酸素濃度になっていることは間違いありません。特殊なものをのぞき、通常の酸素カプセルはここまでで、これでも十分な効果を体感されている方が多数いらっしゃいます。

濃縮酸素の追加をオプション設定にしているのは、27%の酸素濃度で充分だと思っておられる方も多く、他所では通常このレベルですから、あえて酸素追加は不要という方もたくさんおられますので、標準状態では酸素追加はあえてしていません。また、酸素濃縮機は消耗品をたくさん使う機器であり、寿命も長くはありません。このようなランニングコストが電気以外に必要になりますので、オプション設定させていただいている次第です。別に追加費用をいただくわけですから、それが正しく行われているかどうかをチェックするのは、私の責任です。

ということで、2つの測定器を持ち込んで、私もお客様と同じように時折、回復させていただいています。

著しい生産性アップ

私事で恐縮ですが、2日連続でプレマルシェ・オキシジェンルームに入ることができました。

さらに、私事になりますが、書いている通り娘のことや他の子の進路のこと、さらに、経営する5つの会社、3つの全く新しい事業領域のプロジェクト、2つの飲食店運営及び出店計画、参画している他の会社の商品設計、毎月の原稿の締切やメルマガ、5つの自分だけでスタートしたHP(このページ含む)、会社が運営する主に3つのHPの監修、物流移転の検討や不動産の購入計画・・・書き出せばきりがないほどのタスクを抱えています。

あ・・・忘れてました。あのジェラートのレシピ設計も、表示関係も、素材の選定や初回調達も、すべて私一人でやっている状態です。

今日は、そのタスクの一部でもルーム内でやろうとパソコンを持ち込みましたが、ルームに入った途端にやる気がゼロになり、ひたすら2時間、ゆっくりしました。だらだらしただけ、とも言えます。

出てきてビックリ。

10日間沈黙を続け、瞑想し続ける業があるのですが、あの直後の仕事のでき方、脳の冴え方を100とすると、50くらいの状態になっています。

考えてもみてください。

外部との連絡を一切遮断して、早朝から夜遅くまでひたすら瞑想し続ける生活を10日間続けた直後の状態の50パーセントのポテンシャルを、たった2時間だらだらするだけで実現できるとしたら・・・

まさに、今そんな感じです。

 

経営者にとっては、これはほんとうに必須です。
本来は、家に1台置くべきです。

中堅国産車1台もしない価格で、この状態が作れるなら、社長さんなら検討してください。

会社内に作れば、体調が悪い従業員もハッピーです。
私がすべて手配して、全く同じ環境をお作りします。
逆にいえば、ここと同じ環境は、私にしか作れません。
ただ、普通の酸素ルームを買ったところで、こうはならないのです。

 
そんなもの、置く場所もない。
高くて買えない。

ご心配なく、三条黒門にお越しいただければ、東京で蓑虫のような酸素カプセルに1時間入る価格で、2時間、酸素をさらに追加して、アーシングもでき、周波数の効果すら加えることができます。

しかも、プレマのお客様なら、初回は無料で結構です。
とにかく、こんなにいいものを自分だけの秘密にしておくのは罪だと思います。

 

回数券ができました

お待たせ致しました。回数券ができました。

プレマルシェ・オーガニクスの会員の方、プレマ株式会社の各種通販をご利用の皆様専用の回数券です。

10回分の価格で、11回お入りいただけます。

人数追加は当日お支払いとなりますが、一般的な酸素カプセル並、むしろ安いくらいの価格でゆったり広い高気圧酸素にさらに酸素を追加したり、アーシングができたり、健康によいとされる周波数を浴びたりすることができます。

ぜひ、お気軽にご利用下さい。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑